今、FXトレーダーの多くが利用しているという注文方法をご存知ですか?
その名も、「トラップリピートイフダン」!
通商「トラリピ」は、
・あせらない
・ギャンブルしない
・張り付かない
の3つがキーワードとなっている、果報を寝て待つFXとしてマネースクウェア・ジャパンが特許を取得したFXの発注管理機能です。
本項では、トラリピの情報をたくさんご説明していきます。

まずはトラリピの概要からご説明しましょう。
FXは相場が安いときに買い、高くなったら売る、というのが基本的な仕組みです。
ただし、買った時より高くなっているかどうかというのは一日中相場に張り付いていなければ確認できませんよね。
日中仕事をしている方、家事に追われている方は現実的に考えてタイムリーな取引をすることが難しいと思います。

そんな時に役立つのが、トラリピです。
トラリピは新規注文と決済注文をセットに複数発注することができるので、相場がどのように動いても自動的に利益を狙うことができます。
もちろんその罠を仕掛けるのは投資家本人ですが、ある程度相場の流れが把握できていれば今後どのように動くのかは見当がつくでしょう。

具体例を挙げましょう。
・○○円で買えたら××円で売ってほしいという注文をします。
これは新規注文と決済注文がセットになっている状態です。
「現在100円のレートで、99円になったら買って101円になったら売って利益を確定させたい」
というときに使えます。
この新規と決済の注文を自動的に繰り返し続ける機能ということですね。
もちろん罠は複数に仕掛けることができるので、
・99円の時に買う、101円になったら売る
・98円の時に買う、100円になったら売る
など自由に設定できます。

特に投資初心者にもおすすめの注文方法であるトラリピ。
マネースクウェア・ジャパンの公式サイトでは仮想通貨を用いたデモトレードを行うことができるようになっています。
ご興味がある方は、公式サイトへ!

趣味で投資を始めてみたいと考えているみなさんへ。
もちろん、公務員のみなさんも!
トレーダーになれるチャンスは、どこにでも転がっています。
それをものにするかどうかは、まさにあなた次第。
ぜひ一歩を踏み出してみませんか?

ひとつ気になることがあるとすれば、「公務員は副業が禁止されている」ということがあると思います。
ですがご安心ください。
本日ご紹介する『トラリピfx.net』というサイトは、実際にFXトレーダーとして活躍している小学校教諭が作成しているサイトです。
「職場に内緒で投資をしているのか?」と思われるかもしれませんが、実は公務員でもFXを含む株式売買は合法的に行える副業だそう。
つまり、このサイト作成者は堂々と投資をしています。
ですので、投資を始めてみたいと考えているものの職場にばれるのが怖いと心配している公務員の方、どうぞご安心ください。
もし気になるという方は、上記のサイトの紹介文に公務員の副業に関する記載がありましたので、そちらをご覧になるとよいでしょう。

また、このサイトの特徴は、”トラリピ”を用いた投資をおすすめしているという点。
トラリピというのはトラップリピートイフダンの略称で、マネースクウェア・ジャパンが特許を取得している発注管理機能です。
これはFX初心者にはかなり一押しの注文方法となっており、特別な専門知識を必要としません。
さらに手間もかからず、長期的な目線で資産を育てることができるという魅力も持ち合わせています。
他にも、FXをするうえで最も難しい”相場の値動きを当てに行く”ということも必要ありませんので、楽に投資ができるのではないでしょうか。

実際にサイト作成者はFX投資歴3年というまだまだ若手の方。
そんな方が実際にトラリピで資産を増やしているということなので、同じくこれから投資のスタートラインに立とうしている方にもトラリピはおすすめなんです。
より詳しい情報をお求めの方、トラリピを使ったFXについてはこちらからどうぞ。

FXをやってみたいけれども、損を出すのが怖くて実際には始められていないという方、いらっしゃいますね。たしかに、FXというのは少ない資金からでも始められる投資として人気ではありますが、利益を得やすい分、損失が出る場合があるというのもまた真実です。でも、ある方法でFXを続けていれば、地道にコツコツ利益を積み重ねていくことができるようです。ここでは、トレーダーの方に人気の方法についてご紹介してみたいと思います。

人気のFXの仕掛けについてご説明する前に、どのようなときにFXで利益を出すことができるのかについておさらいしておきましょう。FXというのは外国通貨を買ったり売ったりする際に、為替相場の変動によりプラスの差額が出ていたら利益を得られるというものです。ある外国通貨を、円高のときにたくさん買って、円安のときに売れば利益が出るというのはイメージできますか?たとえば1ドル=120円のときに120,000円で1,000ドル買って、この後円安になり、1ドル=130円にまで変動すれば、先ほどの1,000ドルは130,000円に変身しているということになります。「1ドル=120円のときに買って1ドル=130円の時に売る」という取引が完了したときに、差額はプラス10,000円ですね。よって、もらえるのは10,000円ということです。

「じゃあ、円高のときにしかFXは始められないってことね……」とがっかりされた方、ご安心ください。FXは、売りから取引を始めることも可能です。というのも、上記の例でも少し触れたように、FXというのは「買ったら売る」あるいは「売ったら買う」までがワンセットになっている取引なのです。そして、その差額分だけをもらったり支払ったりします。円安の時に売りから始めて、一定幅円高になったら買えば利益を得ることができます。

「となると、こまめにレートを追いかけて、発注をかけないといけないということだな。それは面倒だな・・・・・・」と思った方におすすめなのが、トレーダーに人気の仕掛けです。M2J社のトラップリピートイフダン(=トラリピ)というシステムなどを使えば、一定幅の値動きがあったときに自動的に売買を繰り返してくれるので、コツコツ利益を積み重ねることができますよ。